オンデマンド印刷とバリアブル印刷について

オンデマンド印刷の最大の利点は、小部数の印刷の場合もリーズナブルな価格で印刷物の製作が出来る事に在ります。通常、オフセット印刷などの場合は、印刷を行うための製版処理が必要になり、一定量の印刷をしないと1部当たりの単価が安くならないと言うデメリットが在ります。また、製版処理を行うので印刷納期も長くなる傾向にあります。オンデマンド印刷では製版処理が不要となるので、印刷コストを抑えられると言う事です。

また、オンデマンド印刷を行う印刷機と言うのは、トナーや紙代と言った変動費用が主体になるため、小ロット印刷に最適とされています。所で、バリアブル印刷もしくは可変印刷と言う方法をご存知でしょうか。バリアブル印刷と言うのは、オフセット印刷やオンデマンド印刷などの印刷手法の事ではなく、印刷時に印刷物に対して文字や画像と言ったデータの一部を差し替えなら印刷を行う事が出来る手法です。印刷を行う場合に、特定の部分にロゴマークを入れたい、しかも50部ずつ異なるロゴマークを挿入して印刷をしたい時などにも利用できるのがバリアブル印刷で、この方法で印刷物を製作する事で、データを数種類用意する事無く製作が出来ると言うメリットが在ります。

また、このバリアブル印刷はオンデマンド印刷の場合に行える手法と言った特徴も在るなど、小ロットに対応できるだけではなく、バリアブル印刷と言った特殊な印刷の仕方が出来るなどの特徴を持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です