複合機をリース契約するための審査について

複合機はコピー機能を初め、ファクシミリ機能、プリンター機能、そしてスキャナー機能を備えたオールインワンモデルです。最近は個別にOA機器を導入するのではなく、複合機1台にまとめる会社も増えていますが、簡単に導入できるかと言うと値段から見てもそうは簡単に導入することが出来ないのが実情と言えます。しかし、リース契約が可能な会社であれば、少ない予算で便利なOA機器をオフィスに導入することが出来ます。また、個別にOA機器を導入するとどうしてもスペースが費用になりますが、複合機は1台で4役となり、省スペース化が出来るなどのメリットも有ります。

尚、リース契約を結ぶためには審査が必要になります。これはリース会社が、複合機を導入する会社に対して行う審査であり、会社の営業状態などを確認をして月々決められた支払いが出来るか否かを調査するものであり、信用調査でもあるのです。比較的新しい会社と言うのは過去の実績もそれほど多くは有りませんので、契約を進めて良いかどうかと言う事で契約に至らないケースも有ります。また、設立したばかりの会社は新しい会社でもあり、契約が難しいケースが多いと言います。

それ故に、リースと言っても比較的新しい会社や設立したばかりの会社では複合機が導入できない事も有ります。これに対し、ある程度の営業実績を持つ会社と言うのは、現在の運営状況に特別問題が無ければ契約を交わすことが出来るのが特徴で、リース契約は会社の運営状況などにも左右されるのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です