複合機のリースと保守契約について

ファックスやコピー機、プリンターと言ったOA機器をオフィス内で利用する会社は多いものです。これ等のOA機器を個別に導入する事で、スペースを取るため、予めオフィス内のレイアウトを考えておく必要が有ります。また、これらのOA機器にスキャナー機能を備えた複合機を導入する事で、設置するOA機器は1つのみとなるの省スペース化を図れると言うメリットが有り、オフィス空間をすっきりまとめられることになります。しかし、OA機器の中でも複合機は4つの機能を兼ね備えているだけあってお値段も高額であり、100万円~200万円と言った金額になるケースが多いのが特徴です。

会社の中には予算と言うものが有りますし、経費として計上されるため、導入する事は難しいものです。リース契約は、予算が少なくても導入が出来る便利な契約方法です。リース契約は一定期間の契約の中で月々リース料を支払う事で複合機をオフィス内に導入が出来るのが特徴です。また、契約が満了となった時には新製品の導入を行う方法と買い上げて継続的に利用する方法が有ります。

尚、複合機はコピー機以上に複雑なOA機器でもあり、故障も起きてしまう事も有ります。故障が起きればリース料金以外の費用が発生する事になりますが、この費用を出来る限り節約出来るのが保守契約です。保守契約を比較しておくことで、万が一、複合機が故障した時の修理費用やサービスマンの出張費用、そして交換が必要になった部品の費用などがゼロになる契約も有るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です