複合機をリースで利用するメリットについて

オフィス内では様々なOA機器が利用されているわけですが、OA機器と言うのはパソコンやコピー機、プリンター、スキャナー、ビジネスフォン、ファクシミリと言った電気製品をOA機器と呼んでおり、これらのOA機器は業務には無くてはならない存在になっています。また、これらのOA機器は買い上げをしているものもあればリース契約で導入しているケースが有りますが、リース契約の場合は月払いが可能になり、5年と言った契約期間で支払いをする事で契約期間満了になった後は買い上げをする事で自社の資産として計上が可能になるなどのメリットが有ります。尚、コピー機、スキャナー、プリンター、ファクシミリと言ったOA機器と言うのはそれぞれ個別に製品を導入するとなればスペースも必要になりますが、これらの機能を兼ね備えているのが複合機です。複合機は1台で4役となる機能を備えているため、複合機だけを導入すれば個別のOA機器は不要になると言うメリットが有るわけです。

そのため、オフィス内のレイアウトを考える場合も省スペースが実現するなどのメリットも出て来ます。複合機においてもリース契約を利用する事で少ない予算で導入が可能になると言うメリットが有ります。尚、複合機は定期的なメンテナンスや管理が必要不可欠です。そのため導入する場合のリース契約ではメンテナンスについても考えておく必要が有ります。

故障した時に膨大な金額がかかるのでは折角安く導入をしても意味が有りませんので、保守契約を比較して導入する事がお勧めなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です