コピー機のコストを考えよう

どの会社にも必須のOA機器であるコピー機を買う際に考えなければいけないのがその値段です。しかし、値段と言っても機械本体の値段だけではありません。もちろん100万円から200万円もするコピー機は、できるだけ安いものを買って長期間使いたいものです。しかし、安いものには安いなりの理由があり、決してお得とは言えない可能性があります。

なぜなら、安い機械だと、場合によっては頻繁に故障してしまい、思っていたよりも短い年数しか使えない可能性があります。これでは、結果としては大損となってしまいます。逆に、少し割高に感じるものであっても、平均的な耐用年数よりも長期間使うことができれば得をすることができます。つまり、1年あたりいくらの機械代となるかを考える必要があります。

 次に、考えなければいけないのが、コピー機のランニングコストです。なぜなら、コピー機はインクトナー代や紙代など様々なランニングコストが発生します。また、紙詰まりによる故障などメンテナンスサービスを受けるコストも考えなければいけません。ランニングコストを考えたときにお勧めなのがリースサービスを受けるという方法です。

つまり、自分で機械を購入するのではなくリース会社から機械を借りることで安く上げるのです。契約内容によっては、インクトナーや紙、そして故障した際のメンテナンスにかかるコストを含めたリース料を支払うことでコピー機を使うことができます。使い方によっては、この方法が最も安く済む場合もあり、どのような利用方法をするのかを考えて購入・リースを検討する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です