意外なコピー機の印刷コスト削減方法

オフィスで経済的に発生する経費で非常に多くを占めているものとして「印刷・消耗品」といったものが大半です。消耗品に関しては、たくさんの会社が経費の削減として積極的な面がみられるのですが、印刷方法に関しては旧のままでコスト削減に積極的とは言えないようです。なので、ここではちょっとした印刷コスト削減の方法を少しだけ紹介したいと思います。その方法とは、「複合機から専用機」のコピー機に代えてみるというものです。

最近では、小規模の複合機を使っているオフィスでも、「コピー・FAX・プリンタ」が一つになっている複合機を使用している場合が多いです。専用機を何台も置いているよりも、空間を節約できるので非常に便利なのですが、複合機に関しては使用法を見直して経費削減を図ることをオススメします。まず、複合機ですとカラー「25枚×40円×20日」=20000円で、白黒「50枚×7円×20日」=7000円で、FAX「40枚×7円×20日」=5600円ですので、合計で「32600円」になります。そして、専用機ですとカラー「25枚×40円×20日」=7500円で、白黒「50枚×7円×20日」=3000円で、FAX「40枚×7円×20日」=560円ですので、合計で「11060円」になります。

上記の通り、複合機から専用機のコピー機に変えるだけでも約3分の1のコストでコピーとFAXが可能なのです。これだけでも、印刷コストは削減されます。コピー機はオフィスで毎日使われるものですので、こういった節約が重要ですので皆さんもちょっとだけでも気を使ってみてはいかがでしょうか。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です