レンタルコピー機のメリット

期間限定のイベントや、仮事務所で短期間のみコピー機を設置したい時などに新しくコピー機や複合機の新品を購入することは、コスト面でも難しいという声は少なくありません。型落ち品や中古品など安く手に入れる方法もありますが処分方法にも手間がかかるので、短期間の利用であればレンタル契約を利用する方法がおすすめです。コピー機や複合機などの事務機器の貸し出しというと、企業が利用するリース契約などをイメージする方も多いですが、リース契約は約5~6年の長期間の契約を行うことが基本であり、途中解約を行えない反面毎月決まった金額で支払いを行えるためランニングコストが把握しやすく、初期費用を節約できるなどのメリットがありました。しかし長期契約が基本となるので、1日から数ヶ月といった短期間の利用であればレンタル契約がおすすめです。

レンタル契約であればリース契約のように決められた期間必ず利用しなくてはいけないといった制約がなく、自分の利用したい期間だけ、途中でいつ止めても違約金は発生しません。そしてリース契約の場合は高額な料金の契約となるため連帯保証人を付けて審査を行う必要があり、リース契約書はボリュームもあり場合によっては審査が通らない場合もあります。しかしレンタル契約であれば長期間の高額な契約を行うわけではないので、契約の取り交わしで審査はなく個人でも簡単に導入することができることもメリットの一つといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です