コピー機レンタルのいい面と注意点

コピー機をレンタルする場合、大体が2.3日から、最短で1日だけ借りることができるケースもあります。ごく短期間に必要な場合はレンタルがおすすめです。リース契約の場合は長期使用を目的とした契約になります。契約満了に満たないうちに解約しようとしても解約金を求められる可能性もあるので、小回りの利き方はレンタルに軍配が上がります。

また、リース契約と共通部分として、原価償却や固定資産税がかかりませんが所有権が会社にあるからです。コピー機の導入は、気軽に借りられるレンタルの方が必ずしも都合がよくなるとは限りません。長期に渡って利用したい場合は、リース契約の方が費用面でお得になります。おおよそ長期間コピー機が必要になるのか予め把握している場合、リース契約の方をおすすめします。

また、通常は中古市場で販売されている機械を貸し出されることも知っておいた方が無難です。コピー機は新機種の方が性能面、省エネ、扱いやすさが中古と異なるので導入は最新機種でなければできない効率を求めている場合、力不足に感じることがあるかもしれません。作業効率の向上がどの程度見込めるのか、実際に導入して判断したいときは、短期間のレンタル契約をおすすめします。コピー機の扱いに慣れていて、作業の向上率がある程度予測できるなら、リース契約の方がメンテナンス等も定期的に行ってくれるので良い場合もあります。

契約内容は、会社によって違うので有利なように、複数の会社を比較検討してから契約をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です