コピー機レンタルはどんな場合にお得か

一般的にオフィスなどで導入されるOA機器の中でも、最も利用される機会が多いのがコピー機です。コピー機の導入にはリースとレンタルがよく比較されていますが、その中でもレンタル契約がお得になる場合とはどんな時なのか正しく理解できている方は少ないといわれています。まずレンタルはリースと比較して月額利用料金が高めに設定されており、初期費用が掛かってしまいます。さらに機種の選定をすることが出来ませんしカウンタ保守料金も高い傾向にあります。

しかし契約期間は1日からと短期間に対応しており、約5~6年の契約が必須となるリース契約と比較しても自分の好きなタイミングで契約をやめることが出来るため、仮事務所を設置する場合や短期間のイベントで使用したいという場合にはレンタル契約の方がお得である場合が多いです。そして機器の導入スピードも機種が選べない反面リース契約と比較してスピーディーですし、導入時に必要な審査も一切行われないので法人以外の個人利用でも簡単に契約することが出来る手軽さもメリットの一つといわれています。そのためレンタル契約がお得になる場合とは、短期利用を希望しておりいつでも中途解約出来る契約を希望していること、そして支払いを経費で処理したり減価償却の手続きなど面倒な処理をしたくないという場合が挙げられます。リース契約でコピー機を導入しても中途解約は行えず、必ず契約期間は料金を支払う義務があるのでそういった期限が設けられていないことは、最大のメリットといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です